カウンセラー 人事コンサルタント 中野裕弓 オフィシャルウェブサイト
もしも世界が100人の村ならば / 中野裕弓 原訳もしも世界が100人の村ならば / 中野裕弓 原訳

「100人の村」に関して思うこと

以下は、中野裕弓が2007年3月に執筆したものです。


初めてこのメッセージを自宅のパソコンで受け取ったのは2001年3月7日の朝。
もうそれから6年がたちました。早いものです。
この6年で世界はどう変わったのでしょうか?
確かに数字は年々変化しています。
でも数字の推移よりも、世界の捉え方が変わってきた、また変わらなければならなくなったと思います。
その後の私の活動にこのメッセージは大きな影響を与えてくれました。
また未だに各方面からこのメッセージに関しての問い合わせ、HPのリンクの要請が多々あります。
関心を寄せてくださる方が多いことにとても嬉しく思っています。

このメッセージを翻訳して世に送り出した後、今までにたくさんの反響を頂きました。
多くのものはとても肯定的で前向きなものでした。
でも中には数字の信憑性、発信することへの責任所在などのご意見もありました。
私はこの訳文によってある種の考え方を押し付けるつもりは全くありません。
“Food for thought”「考えをめぐらす元となる種」になれば嬉しいと思っています。

この数字が始めて公表された頃から比べて、いろいろな難しい課題が地球に山積しています。
環境問題を扱った1997年の京都議定書でも世界が一つになって未来を見据えることが出来ませんでした。
でも以前に増して世界は密接につながりだしています。
自分の国だけが按配がよければ良いという時代ではありません。
同盟を結ぶ国同志が潤えば良いという時代でもありません。
世界を一つの生命体として捕らえる考え方、ガイアの考え方が必須です。

もはや世界は長く続いた競争、分裂の構造を卒業し、ガイアという一つの意識の元、
協調、分かち合い、協力してこの課題を乗り越えていかなくてはなりません。
じゃ、どうやって?と思いますよね。
世界を個人に置き換えてみるところからスタートです。
私たち一人ひとりは世界の縮図です。
自分の周りの人と競争、分裂でエネルギーを疲弊させるより、個人レベルで周りの人との協調、
分かち合い、協力をして、もっと多様性に富んだ共存できる世界を創る時代になったのです。
楽しみだと思いませんか?

2007年初め、ソーシャル・リース(社会の環)という構想を打ち出しました。
どんな場所に生まれた人も、どんな環境に生まれた人も、みなこのリース(輪)につながれば、
必要なものが必要なところに必要なだけ流れていくという社会のシステムです。
これからこのシステムの実用性、可能性をもっと掘り下げていきたいと思います。