ソーシャルファシリテーター 中野 裕弓 オフィシャルウェブサイト


Social Wreath ソーシャルリース 人と人をつないで豊かな社会の環をつくりましょう。

基本テーマ

Social Wreath ソーシャルリース

ソーシャルリース(Social Wreath) とは、社会の環という意味の私の作った造語です。リースは、クリスマスリースなどのドアにかける花の輪をイメージして下さい。端的に言うと輪を通じて世界中が一つに繋がっているという構想です。

私は世界銀行本部で4年3ヵ月程人事部に勤務していました。当時、人事カウンセラーの私の主な業務は、本部スタッフ1万人の内で90カ国、1500人の職場のコンサルティングでした。同じ仕事でもいろいろな国や文化の人が関わっており、皆が仲良く生産性を上げて働くことが、いかに難しいかを実感し「世界中の人が皆幸せに生きることは可能かどうか?」を自問自答していました。

ある時、こんな話を聞きました。あるファーストフード店では陳列棚にハンバーガーを置いて何分か経つと、それはもうお客様にお売りする品質ではなくなり廃棄される。飽食の街では数分で1個のハンバーガーがゴミになる。ところが地球の反対側ではその1個のハンバーガーで今日、1日生き延びることができる人がいる。ここに矛盾があると思いませんか。たった1個のハンバーガー、それがどこにあるかでゴミ扱いにされたり、命を救うことにもなる…。

英語の言い回しにこういうものがあります。“There is enough to meet everyone's need but not enough to meet everyone's greed”(世の中の人々の必要≪need≫を満たすものは、もうすでに世の中に存在している。 しかし人々の 欲望≪greed≫を満たすには足りない!

つまり配分が悪いがために、ある国では飢餓で死人が出て、ある国では余って無駄ができる。それを上手く回すには循環のシステムが必要だと思いました。そこで、ソーシャルリースという“社会の環・人々をつなぐ輪”があれば、自分のところの余剰が、その環の中でグルグル回り、必要な人のところに届く。また自分に必要なものもその環の中から調達できる。それがお金、モノ、知恵、体力など様々な形でぐるりと回ったら、世界中で生産性と効率がとても良くなり、人々の心が分かち合いで豊かになり、無駄がなく楽しいのではないか? これらをどうにか繋げることは出来ないか? これがソーシャルリース構想の始まりです。そのような構想のもと、ここ何年も活動をしています。

中野裕弓

ソーシャルリース(SW) 社会活動

スペシャルオリンピックス

スペシャルオリンピックス(SO)とは、知的発達障害のある人たちにさまざまなスポーツトレーニングと、その成果の発表の場である競技会を、年間を通じて提供している国際的なスポーツ組織です。SOは非営利活動で、運営はボランティアと善意の寄付によって行われています。中野裕弓はその意義に賛同し、専務理事を務めています。現在、2010年11月5日〜7日に開催される全国大会(大阪)の準備に携わっています。

スペシャルオリンピックス

スペシャルオリンピックス日本のウェブサイトはこちら

“もしも世界が100人の村ならば”

2001年、中野裕弓はアメリカの友人から “もしも世界が100人の村ならば”というメッセージをインターネットを通じて受け取りました。内容の素晴らしさに感動してすぐに邦訳し、あらゆる方面に発信したことがきっかけとなって、このメッセージは日本中を駆け巡ることとなりました。 後にベストセラーになった『世界がもしも100人の村だったら』では、原文の訳者として注目されています。

中野裕弓著「100人の村」関連書籍

次世代継承プログラム 高校生サマーセミナー

全国の高校生たちはエクサイティングな毎日を過ごし、将来に夢が膨らんでいるでしょうか?現実は理想通りにはいかず、取り巻く環境にも厳しいものがあるかもしれません。でもその中でも自分の可能性を思い切り広げて、自分らしく夢を実現させることができるのです。そのような生き方は納得する人生を作り出し、自分も周りも幸せにすることができます。 社会人を対象にした研修のエッセンスを、これから社会に出ていく高校生のみなさんにも知ってもらいたいと、夏の高校生サマーセミナーを企画し、これまでに3回開催してきました。

■セミナー内容(一部) 人間力を高めるために次の問いに自分なりの答えをみつけ、実践方法やヒントを学びます。 「自分の人生や可能性をどのように輝かせればいいのか?」 「自分の夢を実現していくために必要なことは何か?」 「周りの人や社会にどのような貢献ができるのか?」

次世代継承プログラム 高校生サマーセミナー

高校生サマーセミナーについて詳しくはこちら



このページの先頭へ

  • お問い合わせ
  • サイトポリシー
  • サイトマップ